ロスインウェイト式SMスクリューフィーダー Lタイプ

ホッパー内から減った分の原料質量を自動で流量制御

計量方法ロードセルによる減量質量計量(ロスインウェイト)式
フィーダー径φ25.4,φ38,φ42.7,φ48.6,φ60.5,φ76.3
スクリュー芯有,芯無,2条,2軸タイプ
ホッパー20L(標準),10L,30L,40Lから選択
※これ以上のにも対応は可能
ブリッジ対策ブリッジブレーカー(アジテータ)
蓋へ装着する撹拌羽根タイプ
ユーティリティ電源AC200V三相(50/60Hz)
外形寸法選択仕様により異なるため別途お問合せください。
重量フィーダー本体部のみ約20Kg ~
※総重量は仕様により異なります

ホッパーとフィーダ全体の計量値からフィード排出した粉体の減量を計量します。
設定値に対して減量速度が一定となるように定量供給コントロールします。

以下のような場合、特に有効です。

・スクリューの供給量を一定量に安定させたい(流量制御)
・槽の液体と供給する原料の濃度を安定させたい
・計量機として使いたい
・フィード先で計量ができない(撹拌混合槽や押出機へ供給)

など、様々な用途に対応します。
スクリューモータにACサーボモーターを搭載、細かに幅広い回転数を制御し計量精度を高めます。

※供給量の質量管理目的のみにご使用の場合には、インバータ仕様がおすすめです。